[仮想環境][Vagrant] Vagrant+VirtualBoxで仮想環境を作ってみた

公開日: : 最終更新日:2015/03/31 仮想環境 , ,

VagrantとVirtual Boxで仮想環境を作成したときのメモです。

いままでは、XAMMPをいれたり、VMWareフリー版にLinuxを入れたりしていましたが、
もっと手軽に環境構築が可能です。

[VagrantとVirtual Boxのダウンロード]

とりあえず、VagrantとVirtual Boxのダウンロードから。

●Vagrantのダウンロード

トップページ
http://www.vagrantup.com
ダウンロード
https://www.vagrantup.com/downloads.html

自分のホストOSにあったバージョンを選択します。(大抵の人がWindowsだと思いますが)
ダウンロード後、インストーラに従ってインストールします。

●Virtual Boxのダウンロード

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
「VirtualBox 4.3.26 for Windows hosts」の右側のリンクをクリックします。
※ホストOSがWindowsの場合
ダウンロード後、インストーラに従ってインストールします。

[OSのインストール(boxインストール)]

ここからはすべてコマンドラインになります。

1.コマンドプロンプト(Windowsの場合)を開いて、OSを作成したい場所に移動します。
2.OSを作成したい場所に移動します。
3.以下のコマンドを入力します。(今回はCentOSです。別なOSが良い場合は適宜変更してください。)

$ vagrant box add centos64 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20130427.box

4.以下、処理を待ちます。OSダウンロードなので結構長いです。
vagrant

5.OSを初期化します。

$ vagrant init centos64

vagrant2

[OSの起動]

1.OSを起動します。

$ vagrant up

2.以下メッセージが流れてOSが起動します。
vagrant3

3.ターミナルで接続する場合、以下コマンドだけでOKです。

$ vagrant ssh

スポンサードリンク

関連記事

no image

[仮想環境][Vagrant] Vagrantの仮想環境にscpでファイル転送

Vagrantで仮想環境を作成する。 こちらの記事をご参照ください。 ssh-configの確認

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
[python] 日付の取り扱い(datetime) 現在日付、計算、文字列変換(format)

現在日付 日付の計算 [crayon-59c6edf33f70

no image
[python] 文字列結合

pythonでの文字列結合 サンプル

no image
[python] 配列の扱い方

pythonでの配列の扱い方 python 配列の作成

no image
[python] ファイルの読み込み

pythonでのファイルの読み込み方法 基本サンプル

no image
[PHP] 文字列の置換(str_replace)

文字列中の特定文字列を置換する方法 str_replace サ

→もっと見る

  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑